kprolog K-Prolog Compiler Version 6.0

拡張ファイル名

一般的に、prologの処理系では、ファイル名はアトムで表現します。 K-Prologでも基本的には同じですが、K-Prologを走行させる環境となっている オペレーティングシステムでは多くの場合ファイル名(またはパス名)を 'で囲む必要があります。 そこで K-Prolog では.....//~を 演算子として定義することによって、 通常使われる多くのパス名のパターンをprologの項として表現 できるようにしています。
[例]
   ../lib/myprog.pl
   ~/tmp 
拡張ファイル名を指定できる組込み述語では、 これらの項をアトムに変換してパス名として使用します。 これらがprologの項として表されていることから、 多少の制限がありますから御注意ください。
このような制限があっても、プログラム開発を行っているときには有効な機能でしょう。

拡張ファイル名を使用できる組込み述語は、

consult(File),reconsult(File)
[File],[-File]
-File
edit File
purge(File)
cd Path,chdir(Path)
compile(File)
です。これら以外で拡張ファイル名を使用するためには、
   fname(File,Atom)
により、アトムに変換します。


一つ上に戻る 目次に戻る