kprolog K-Prolog Compiler Version 6.0

データベース機能

K-Prologには副作用を用いた データベース機能 がいくつかあります。 これらの機能によりヒープ領域に項を保存できます。
setvalとgetval
アトム→値の連想記憶を扱います。
データベース機能
アトム×項→値の結合を扱います。
record機能
項→値の結合を扱います。


一つ上に戻る 目次に戻る