kprolog K-Prolog Compiler Version 6.0

C言語インタフェース

K-Prolog には、C言語で書かれたライブラリを組込み述語として接続し、 また、C言語の関数の中からPrologの述語を呼び出すためのインタフェースを 作るためのAPIがあります。
この機能を使用するためには、C言語によるプログラミングおよびmakeに関す る知識が必要です。

接続は K-Prolog のロードモジュールと、組み込むライブラリ及び それらの間のインタフェースをリンクして、 新しいロードモジュールを作ることによって行います。 C言語で書かれた述語を外部述語と呼びます。

Makefileの作成
Makefileの作成方法を解説します。
Main関数
Main関数の性質について解説します。
入口点定義ファイル
C言語関数の引数型の宣言方法を説明します。
入口点定義の例
入口点定義の意味を例示します。。
C言語からの項の操作
項操作ライブラリのAPIです。
実行時の注意
実行時の問題点を解説します。
ダイナミックローディング
実行時にダイナミックローディングによりモジュールを組込む方法を 説明します。


目次に戻る