K-Prolog Compiler Version 5.1
前のバージョンのリリースノート
これは、K-Prolog Compiler Version 5.1 のリリースノートです。
このバージョンは新規な機能を含みます。


算術演算でのeval機能の試験的実装について

算術関数eval/1は、その引数と関連するゴールを実行しその計算結果を値として利用します。これは試験的な実装でコンパイラ未対応のため、インタプリタの中だけで動作します。
詳しくは、eval算術関数を参照してください。(version 5.1.4より)

Pythonインタフェース、Zopeインタフェースの搭載

Pythonインタフェースのソースファイルが製品に添付されています。このソースは自由にお使いいただけますが、動作を保証しているものではありません。Python/Zopeインタフェースに関しましては、K-Prolog製品に合わせたインストール・動作確認を承っておりますので詳細は弊社宛ご相談下さい。(version 5.1.3 より)

論理的代入とモジュール内グローバル変数

安全な破壊的代入風の項の操作とそれを応用したグローバル変数機能を実現しました。
詳しくは、論理的代入とモジュール内グローバル変数を参照してください。(version 5.1.0より)


その他の変更

制限

Linux版では、$PLC/scripts/plc.shを使って起動してください。
MacOSX版は、MacOS10.3からの対応です。
MacOSX版では、インストールディレクトリは /Applications/ 固定です。